アニマルコミュニケーション

もし、愛するペットと話ができたらそう思ったことはありませんか?

人間と動物、言葉が違うのだからムリでしょう?って思われますか?


「自分の子がどんなこと考えているだろう?」
「家族のこと、どんなふうに思っているだろう?」
「幸せなのかな?」
「何か言いたいことはあるのかな?」
「こんな時はどうしてほしいのかな?」
「おるすばんのとき、寂しくないかな?」
「何故、うちに来てくれたんだろう?」
「問題行動の理由は何だろう?」

些細なことから大きなことまで、気になることありませんか?

行きつく答えは「我が子と話をすることができたらどんなにステキだろう」
ではないでしょうか?

私がアニマルコミュニケーションに出会ったのは、愛猫の問題行動がきっかけでした。
どうにもできない思いを、初めてアニマルコミュニケーター通して愛猫に伝えたことは
忘れることができません。

その時に、動物の思慮深さや愛情の深さを目の当たりにし、とても驚いたことは今でも
はっきりと記憶しています。


動物たちも人間と同じように感情や思考が存在します。
動物たちは、人間の「言語」は持ちませんが、テレパシーを用いて意思伝達を行っています。
実は、ペットは飼い主にたくさんのメッセージを送っているのです。


アニマルコミュニケーターは、テレパシーをつかったコミュニケーションを通じ、
動物たちの思いや感じているのかをお伝えします。


また、アニマルコミュニケーションでは「亡くなった子」とのコミュニケーションも可能です。

「あの時、伝えたかったことがある」
「なにか言い残したことはないか気になっている」
「もっとお話ししたかった」
「もう一度でいいから話がしたい」


そんな思い残しはありませんか?
もしあるのならば、その思いを伝えませんか?


アニマルコミュニケーションによって、動物たちと人間が互いに信頼し
理解しあえる世界を作っていきませんか?

そんなお手伝いを私にさせてください。


※迷子の子とのコミュニケーションはお受けしておりません。ご了承ください。